「なにっ!?」

Image255.jpg
「ワッツー―!」

これも不意をつかれたというかなんというか・・・(笑)
てっきり無いものだとばかり思っていた踏み台シーン。まさかこういう形で入れてくるとはね。
小説の方は狙い過ぎていた感じが強かったので、さりげなく入れてきた今回はちょっと好感がもてました(笑)
というか、当時散々叩かれたのによく入れるわwその点も踏まえて好感が持てたw

しかもあのセリフもさりげなくあるんですよね。
「ラー・カイラムからの護衛はどうした!?」の後の通信、よく聞いてみて下さい。
「おれを踏み台にしやがった!」(たぶん)が聞こえるはずです。
私はその後のダリルのセリフ「海面までは付き合わんぞ」が結構好きですね。状況と合わせて。



PVで使われたシーンキター!しかしすぐご退場。
Image257.jpg
いや、アンクシャの扱いって小説でもこんな感じだったし、かっこいいシーン拝めるだけでも満足しておこう。絶対Gジェネでアンクシャ部隊作るわ。
このシーンで気になるのはビームサーベルですよね。答えはこちら。
Image256.jpg
腕に付いてるバインダー、あれに収納されていたんですね・・・ちゃんとプラモ買って確認しよう・・・。

結局サーベルはユニコーンが奪い取り、ナイジェルは落ちゆくアンクシャを救出に向かうと・・・さすが分かってらっしゃる。
Image258.jpg

アンクシャ(やられ役)

「それは命令ですか?」でニヤニヤしつつ、PVでも見たけどやっぱガランシェールかっけーなとか思っていたら・・・

  !!!

Image250.jpgImage251.jpg

はい、5話視聴感想のときも書きましたが、部屋で一人で興奮していたのは私です。

だってこれ!特に2枚目!ギラ・ズールがこんな装備で現れるなんて思ってないじゃん!?
視聴者側もこの顔になるわ、別の意味で。
Image254.jpg
因みに、ガランシェール登場後のBGMは「GUNDAM」です。

何装備してんだ?ってのは、この後のシーン、「まったく、歳を考えなさいよ・・・!」の前後ではっきり分かり始めますね。
特にこれ。
Image252.jpg
砲口や太いビームでまさかとは思いましたが・・・完全にスキウレです。
じゃあ左手に持ってたバズーカっぽいのは?となりますが、それは答え合わせ可能です。
ユニコーンエースvol.4の漫画、「『袖付き』の機付き長は詩詠う」はこの武器類の話なんですよ。
で、左手のはどうやらジャイアント・バズっぽいです。

さぁ次、男なら誰もが夢見る重装備!古いのばかりですがそれでもかっこいい!
画像右手前から順にクレイ・バズーカ、ジャイアント・バズ、陸ジムとかのミサイル・ランチャー。
画像左側にはザクマシンガン、そしてグフカスのガトリング・シールド。肩のシールドや両足にはザクⅡ用のミサイルポッドがいっぱい・・・この辺まではなんとなく分かりますよね?
で、左手のライフルっぽいやつ、あれなんですけど、ティターンズ時代のビームライフルです。

そして最後、後ろに縦にマウントされてるあれが・・・
Image253.jpg
2連装ザク・バズーカです。この状態で持ち込まれました。まさかの発想。

これらは全て、砂漠での補給時に持ち込まれた装備だったという訳です。なるほど、こうすればガルダに近づいて無事なのも不自然ではなくなると。主にスキウレの力で(笑)

そうそう、最後の画像の直後、足元からミサイルが4発ほど出ますが、あれは脚部のミサイルポッドから・・・でいいよね?

「私にできるのはここまでだ」

なるほどね~。ストーリーの変更に伴い、ブライトさんが直接伝えるのかー、ネェル・アーガマのことまで。

そうです、このシーンはアニメオリジナルのシーン。トライスターの面々の行動もそうですよ。
Image246.jpg
という訳で、セリフもオリジナル…なんですが、小説でのセリフと関連してますね。
先のシーンでは触れていなかった、あの話題です。
しかもきっちり〆のセリフは小説の奴を持ってくるという…たまらんなこれは。そしてやっぱり私はアニメのセリフの方が好きですね。



「かつてガンダムに乗った者たちと同じく、
     君もガンダムに選ばれたのだと思いたい。

 いつもそれは、結果的に必然だった。
Image247.jpg
 良くも悪くも、だがな。

 後は君次第だ、状況に潰されるな」

『絶望を退ける勇気を持て。
       君が、ガンダムのパイロット……ニュータイプであるなら』

Image248.jpg

<<PREV | | NEXT>>

プロフィール

ホマレ

Author:ホマレ

カテゴリ
最新記事
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク